知的障害児通園施設ってどんなところ?

知的障害児通園施設は、
家庭から通園できる知的障害のある子どものための施設で、
地域社会へ対応できるように生活や学習、運動などの指導が行われます。

 

近年は、障害児教育の進展によって、
学齢期の子どもは養護学校や特殊学校に通学するようになり、
対象者は、就学前の幼児が主体です。

 

知的障害児通園施設には、施設長(園長)、保育士、児童指導員、
看護師、調理師、作業療法士、言語聴覚士、嘱託医などが勤務しています。

 

知的障害児通園施設では、児童指導員や保育士が中心となり、
生活習慣や集団生活の基本を、遊びを通して身につけさせます。

 

また、子どもの発達を心配する親のために、
外来相談等も行うなど、
利用者のニーズに沿ったサービスを提供しています。