知的障害児施設ってどんなところ?

知的障害児施設は、知的障害を持った子どものための、
総合支援施設です。

 

知的障害児施設では、児童指導員と保育士が中心となり、
施設内でのお父さん、お母さんとして子どもの成長を見守ります。

 

また、障害によって、薬物療法を含めた治療も必要なため、
嘱託医や看護師が勤務しています。

 

家庭や地域での自立生活が難しい場合、
その子どもを預かり、それぞれの障害に応じて
生活支援や治療などを行います。

 

また、基本的な生活習慣や集団生活への適応力を育成し、
養護学校や一般の学校内に設けられた
特殊学級等で義務教育を受けさせたり、
健全な心身の育成のために、
遠足やレクリエーション、運動会などの行事も開催し、
楽しく生活できるように配慮します。

 

さらに、知的障害児施設では、
在宅の知的障害児を対象とした母子短期入所などのショートステイや、
保護者の相談に乗るなどの事業も、積極的に行われています。