重症心身障害児施設ってどんなところ?

重症心身障害児施設では、肢体不自由と知的障害の両方を持ち、
自立が難しく、日常生活全般にわたって介護を必要とする
子どもの健康管理や、日常生活支援、生活指導などを行っています。

 

重症心身障害児は、肢体の不自由、知的障害、言語障害など、
様々な障害を重複してもっています。

 

手足の機能や言語機能、食事や排泄などの日常生活で
必要なことの殆どを、自分ひとりで行う事ができません。

 

また、生命の危険が大きいため、
医療管理を欠かすことができない場合が殆どです。

 

一般的に「児」の施設なので、
0歳〜18歳くらいまでが対象ですが、
重症心身障害児のための施設なので、
18歳を超えても、特別に援助が継続され、この施設で生活を続けていきます。

重症心身障害児施設で働いている人の職種

重症心身障害児施設では、施設長、事務長、児童指導員、保育士、
職業指導員、心理職員、看護職員、機能訓練員、栄養士、医師、
調理員などがいます。

 

・医師、看護師

 

特に、医療的ケアが必要な人が多いため、
医師、看護師が、生命の保全や感染症などの疾病の予防、
健康管理を行っています。

 

・理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

 

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は、
食事や排泄、移動、言語の理解などの日常生活動作の指導を受け持ち、
子どもの能力に合わせてリハビリを行っていきます。

 

・保育士、児童指導員

 

保育士や児童指導員は、
子どもの日常生活全般を支えます。

 

子どもが持つ興味や能力を見出して支援し、
施設内の環境整備や改善等を行います。

 

また、施設の職員達は、季節行事などのレクリエーションを
計画したり、実行したりして、
単調になってしまいがちな施設での生活に変化をもたせます。

重症心身障害児施設で働いている人が持っている資格

重症心身障害児施設で働いている人は、
保育士、臨床心理士、看護師、理学療法士、作業療法士、
言語聴覚士、医師、栄養士・感衿栄養士、調理師などの資格を持っています。

重症心身障害児施設の施設概要

重症心身障害児施設は、身体と知能の両方に、
重度の障害を持つ子どもの療育をしています。

 

・療育

 

療育とは、医療的ケア(看護、治療、予防など)と、
教育的ケア(育成、指導、訓練など)のことです。

 

重症心身障害児施設は、公立、法人立、国立、独立行政法人国立病院機構などが
運営してして、生活費は公費、医療費は、社会保険などによってまかなわれます。

 

また、重症心身障害児施設は、児童福祉法に基づいた福祉施設ですが、
同時に、医療法で規定されている病院でもあることから、
医療、看護、介護、学校教育、リハビリテーションなど、
各種機能が統合された施設となっていて、連携した療育ができるようになっています。

 

呼吸機能や嚥下機能、消化器、てんかん発作など、
医学的管理を絶えず必要とする子どもや、
年齢を重ね、身体疾患が重症化した人、
行動障害を子どもなどに対し、医学的援助と人間らしい生活ができるよう、
あらゆる支援に取り組んでいます。

重症心身障害児施設の将来性

重症心身障害児施設は、重症心身障害児にとって、
長い年月を過ごす場所として必要不可欠な存在となっています。

 

また、近年は、重症障害児緊急一時保護事業や、
通所外来治療、在宅訪問指導事業など、
子どもやその保護者のニーズにも対応しています。

 

以前なら、出産時に死亡していたような状態の赤ちゃんが、
医学の進歩によって助けられるようになり、
重症心身障害の子どもは、増加の傾向にあります。

 

このようなことからも、重い障害を持った子どもと、
その保護者の心身を支えていくことが
重症心身障害児施設には求められますし、
重症心身障害児施設は、新たなニーズに応える
サービス体系を取り入れながら、整備され、
拡充されていくことが必要です。