児童養護施設

児童養護施設では、父母と死別した子どもや、
父母が扶養の義務を放棄し遺棄された子ども、
家庭環境が劣悪で虐待を受けているなど、
通常の生活が難しいと判断された2歳から18歳くらいまでの子どもを養育しています。

 

そして、施設に入所してきた子どものケアを第一に考え、
社会からの多彩なニーズにも応えています。

児童養護施設で働いている人の職種

児童養護施設では、施設長、事務員、保育士、
児童指導員、心理職員、職業指導員、医師、栄養士、調理師などが働いています。

 

子どもの直接ケアに当たるのは、保育士と児童相談員が主で、
児童養護施設で働く児童指導員や保育士は、「直接処遇職員」
と呼ばれることもあります。

 

子どもの実質的な親代わりとなる児童指導員や保育士は、
親代わりをするだけでなく、関係機関との連絡業務や研修、雑務等の仕事も行います。

 

また、児童指導員の多くは、男性が占めていて、
入所している子どもに対し、父親の役割を受け持つ事が多いです。

 

児童指導員は、生活指導だけでなく、
指導計画を作成したり、内外への連絡業務などの仕事を行います。

 

保育士の殆どは、女性が占めていて、
母親の役割を受け持ち、食事や洗濯、掃除などの日常生活の仕事や、
勉強の指導、遊びの相手など、
入所する子どもに最も必要な部分を受け持ちます。

 

児童指導員と保育士は、特に子どもとの信頼関係を築くことが重要ですが、
ひとりで何人もの子どもの担当をすることもあり、
個々の子どもに集中して対応することも難しく、
心に傷を負った子どもの、本当の親に成り代わるのは、
やはり難しい現状があります。

 

また、近年は、虐待などによって心にダメージを受けた子どもが増えていることから、
子どもの心のケアをする心理職員や、
子どもの将来に向けた指導を行う職業指導員を置いている施設もあります。

 

心理担当職員は、児童指導員や保育士からの相談にのり、
子どもへの個別心理療法や心理療法などを行いながら、
子どもの心に寄り添います。

児童養護施設で働いている人が持っている資格

児童養護施設で働いている人は、社会福祉士、社会福祉主事、保育士、児童指導員、
臨床心理士、医師、栄養士・管理栄養士、調理師などの資格を持っています。

 

児童養護施設での心理担当は、臨床心理士が担当しています。

児童養護施設の施設概要

児童養護施設では、災害や事故、病気などで親と死別したり、
親から虐待を受けていたり、生活環境に問題があると判断された
2歳から18歳くらいまでの子どもを親に代わって養育しています。

 

児童養護施設は、さまざまな事情によって健全な生活の場を失った子どもに対し、
「温かい家庭」を提供し、自立までの支援をします。

 

施設には、各都道府県にある行政機関「児童相談所」を通して、
必要性が認められた子どもだけが入所できます。

 

施設の規模は、入所者が30人くらいのところもあれば、
150人ほどの大規模なところもあります。

 

近年は、親の虐待や遺棄による入所が増えています。

 

年齢層も小学校高学年から中学生以上が増えていますが、
両親や保護者がいるにもかかわらず、
虐待や遺棄された子供たちは、心に大きな傷を負っていることが多く、
年齢層の上昇と共に、幅広いケアが必要です。

 

入所している子ども達にとって、児童養護施設は「家」に相当します。

 

ですから、なるべく家庭環境に近い状況で生活できるよう、
朝起きたら朝食を食べ、学校に行き、施設帰宅後は勉強したり遊んだり、
夕食を食べてお風呂に入り就寝するというような配慮がされています。

 

集団生活のため、様々な制約や規則がありますが、
職員は、なるべく余暇や趣味を楽しめるように工夫したり、
年中行事や地域活動への参加なども行い、
その子ども一人ひとりの個性に合わせた養育を心がけています。

 

そして、施設の役割は、子ども達が施設を巣立つときまで、
子どもの希望を尊重し、将来の夢につながるような援助をするというものです。

 

勤務は24時間体制ですから、早番、日勤、夜勤というような交代制で、
一般企業のように土曜や日曜祭日、お盆やお正月が休みというわけにはいきません。