障害者福祉工場(身体障害・知的障害・精神障害)

障害者福祉工場は、作業能力・働く意欲がありながら
一般企業では雇用が難しい障害者に
職場を提供し、自主独立を目指してもらうための福祉工場です。

障害者福祉工場で働いている人の職種

障害者福祉工場では、工場長、作業指導員、職業指導員、
医師、調理員などが働いています。

 

障害者福祉工場で働く人には、工場管理、作業などのスペシャリストであること、
そして、障害者に理解があることが求められるでしょう。

 

勤務時間は、障害者の就業時間に合わせた日勤で、
作業の指導が主な業務になりますが、
利用者と一緒に働くことも必要です。

 

また、この障害者福祉工場では、
障害をもたない健常者が一緒に働いているところもあります。

●障害者福祉工場で働いてる人が持っている資格

障害者福祉工場で働いている人は、社会福祉士、社会福祉主事、
精神保健福祉士、医師、調理師などの資格を持っています。

障害者福祉工場の施設概要

障害者福祉工場では、作業能力があり、働く意欲があるにもかかわらず、
民間企業に雇用されることが難しい身体障害者、知的障害者、
精神障害者に職場を提供し、自立と安定を図ることを目的とした
障害者福祉工場です。

 

福祉工場といっても、障碍者のための設備環境が整っている点を除き、
他の部分は通常の工場と変わりがありません。

 

たとえば、一般の労働者と同じように、
各種の社会保険も適用されていますし、
能力に応じた給料も支給されています。

 

障害者福祉工場では、障害者が自立し、
仕事を通して生きがいを見出せるような工夫をし、
プロとしての自覚を持ち、スキルアップできるように支援しています。

 

そして、工場での品質管理やメンテナンス、改善なども、
全て障害者が責任をもって実施しています。

 

印刷や縫製、食品製造、各種機械部品製造など、
あらゆる分野の工場がありますが、
近年は、ホームページの作成やデジタルメディアなどの
時代に乗った事業を行うところもで登場してきました。

障害者福祉工場の将来性

障害者自立支援の観点においても、
障害者福祉工場は重要な位置を占めています。

 

福祉工場は独立採算が基本で、
工場と利用者は雇用契約を結んで、
一般の企業と同じように、全ての労働法規が適用されるなど、
とても企業色の強い施設となっています。

 

そして、障害者の自立のために欠かせない、
強い味方となってくれる施設でもあります。