母子生活支援施設ってどんなところ?

母子生活支援施設は、配偶者のいない女性や、
同じような事情にある女性とその子どもを入所させ、
保護する施設です。

 

そして、保護した女性の自立の促進のために、
その生活を支援することを目的としています。

母子生活支援施設で働いている人の職種

母子生活支援施設では、施設長、事務員、母子指導員、
児童指導員(少年指導員)、医師、調理員、保育士などが働いています。

 

その中でも、母子指導員と少年指導員は、
母子の生活全般を支える役目を担います。

 

・母子指導員

 

母子指導員は、児童養育支援、自立支援、生活支援を業務としています。

 

・少年指導員

 

少年指導員は、少年の学習支援と生活支援を主な業務としています。

 

また、地域で暮らす母子家庭などの乳幼児を、
一時的に預かる保育事業を行っている施設もあり、
そのような施設では、保育士も勤務しています。

母子生活支援施設で働いている人が持っている資格

母子生活支援施設で働いている人は、
社会福祉主事や社会福祉士、保育士、医師、調理師などの資格を持っています。

母子生活支援施設の施設概要

母子生活支援施設の目的は、生活上の様々な問題から、
子どもを育てることができない母子家庭の、
経済的・精神的自立と、
子どもの健やかな成長を支えていく事です。

 

近年は、DV(ドメスティックバイオレンス/配偶者からの暴力)によって
入所する母子も増えていることから、母子が負った心のケアも行う必要があります。

 

入所した母親には、相談援助や生活指導、緊急保護を行い、
子どもには、保育や学習指導、クラブ活動、行事などを行いながら、
母子の健全な育成を目指します。

 

母子生活支援施設の運営は、公営、公設民営、民営があり、
各都道府県に設置されています。

 

また、施設には、仕事について、育児について、健康について、
家族関係について、将来のことについて・・・など、
様々なことを相談に乗ってくれる職員が常駐しています。

 

あらゆる面で母子を支え、退所後の生活を築いていくための、
自立支援計画を入所者と共に考えてくれますし、
退所した後も、様々な面でサポートをしてくれます。

母子生活支援施設に入所するには

母子生活支援施設への入所は、地域の福祉事務所が窓口となっています。

 

費用は所得によって決定されます。

母子生活支援施設での暮らし

母子生活支援施設には、相談室や医務室、保育室、学習室、母子室などがあります。

 

母子室は、生活のベースとなるもので、
母親と子どもだけの居室になっていて、
家事や育児等ができるように整備されています。

 

母子共に、自立の準備を進められるように、
落ち着いた環境が整備され、配慮されています。

 

仕事を持っている母親は、施設内の母子室から出勤し、
子どもは保育所や学校に通います。

 

また、保育サービスもありますから、
仕事を持っている母親は、安心して子どもを預け、
仕事に行くことができます。

母子生活支援施設の将来性

近年、母子家庭が増えています。

 

未婚の母子、離婚の母子、夫が行方不明の母子、
サラ金や暴力によって家庭が崩壊した母子など、
生活環境に恵まれず、情緒不安定に陥る母子も多くいます。

 

このような母子に対し、精神的・心理的な側面からの援助が、
とても必要です。

 

中でも、「配偶者による暴力(DV/ドメスティック・バイオレンス)」によって、
入所してくる母子の数は、増え続けています。

 

また、母子家庭の母親は、パートやアルバイトで働いている人も多く、
正社員であっても月収が15万円未満という人が半数以上です。

 

このような格差社会が、母子家庭により拍車をかけ、
圧迫している状況になっていることも、
母子生活支援施設への入所者が増えている要因の一つになっています。

 

DV被害にあった母子へのケア、多様化する保育サービスへの対応、
地域交流事業、各種相談サービス事業など、
母子生活支援施設の役割は様々です。

 

このような状況があり、母子生活支援施設は、
必要性が高い施設であるといえます。